洒落?

毎日新聞、読者会員の個人情報6万6000人分流出(産経新聞)



 毎日新聞の関連会社「毎日開発センター」から読者会員組織「毎日フレンド」の個人情報6万6000人分がインターネット上に流出したことが27日、分かった。社員の個人パソコンからファイル交換ソフトを通じて流出。読者の氏名、住所、電話番号、生年月日などが記載されていた。東京本社管内の販売店2200件の住所、電話番号なども流出した。

 毎日新聞によると、「毎日フレンド」は、関東など東日本地域の毎日新聞読者を中心に希望者を募って登録したもの。今年3月で活動を終了したが、それまで会報発行などのサービスを行っていた。

 流出したのは登録者の名簿で、氏名、住所、電話番号、生年月日、趣味、メールアドレスなどが記載されていた。

 社内調査によると、同センターの男性社員(26)が自宅で作業をするためにデータを持ち帰ったが、個人パソコンに入れていた新型のファイル交換ソフト「Share(シェア)」がウイルス感染して、流出したとみられる。

 シェアはウィニーと同様、パソコンの使用者同士がネットを通じて、音楽や映画などのファイルを交換できるソフト。著作権法違反容疑でウィニーの作者と使用者の逮捕が相次いだことから乗り換える人が増えた。ウイルスに感染すると、自分の意図していないファイルまで流出してしまう。

 毎日新聞は、個人情報保護について内規を設け、ファイル交換ソフトについても今春から使用を禁止していた。

 会員に対しては全員に連絡を取って流出の事実を知らせ謝罪するほか、問い合わせ用のフリーダイヤルを設置して対応するという。現在のところ、二次被害は確認されていない。

 毎日新聞販売局は、「会員だった皆様には大変申し訳なく、深くおわびいたします。すべての会員の皆様に連絡を取っておわびします。個人情報保護の徹底を、全社員、関係会社に改めて指示するとともに、再発防止策を講じていきます」とのコメントを出した。
毎日新聞 6万人情報流出 「シャレ」ウイルス感染(gooニュース)
> 毎日新聞社は二十七日、読者約六万六千人分の個人情報がネット上に流出したと発表した。「ウィニー」とは別のファイル交換ソフト「Share(シャレ)」によってウイルス感染した影響とみられる。


・・・・・・あれ?
[PR]
by xell_rainy | 2006-04-29 00:41 | ニュース関係
<< 献血@47回目のこと ×国民の声→○害虫の蠢き >>