金渡せば卒業できるってものじゃなかろ

「謝礼」渡したのに卒業できず 埼玉医大に返還請求(朝日新聞)



 卒業が決まった謝礼の現金を受け取りながら、のちに除籍処分にしたとして、埼玉医科大学(埼玉県毛呂山町)の元医学部生の男性(44)の母親(75)が11日、同大学の丸木清浩理事長ら3人を相手に、謝礼金計450万円の返還と慰謝料800万円を求める訴訟をさいたま地裁川越支部に起こした。男性が退学処分の無効を求めて起こした訴訟は、05年に最高裁で敗訴が確定した。

 訴状などによると、男性は85年に同大学に入学。93年に最終学年の6学年に進級後も留年を繰り返した。当時の学則で専門課程の在籍上限年数を過ぎた96年夏の追試にも合格せず、自主退学扱いとなった。同年12月に退学を知った母親が、未納だった学費計約2360万円を全額納めたと抗議したところ、翌97年2月に処分がいったん撤回された。

 同月末、教授らから「卒業でよかったね」などと声を掛けられた母親は、男性の卒業が決まったと思い込み、理事長と教授ら3人に「卒業を認めてくれたことへの謝礼」などとして現金100万~200万円を渡した

 しかし3月、大学側から「卒業は翌年に延ばし、形だけの復学試験を受けてほしい」と言われ、男性は99年まで試験を受けたが合格せず、04年になって、97年当時に除籍処分になっていたことを知ったという。

 同大学広報室は「すでに最高裁まで争って大学側の勝訴で決着しており、改めてコメントすることはない」との談話を出した。
(゜Д゜)ポカーン
[PR]
by xell_rainy | 2006-04-11 20:58 | ニュース関係
<< 受信料支払い義務化検討? 雷警報 >>