責任転嫁

衆院懲罰委、西澤氏喚問を再確認・代理人は喚問に反発(日経新聞)



 衆院懲罰委員会は27日の理事会で、永田寿康衆院議員(民主党員資格停止中)に偽の送金メールを提供したとされる西澤孝氏の証人喚問を4月4日に行う方針を再確認した。岩國哲人委員長は記者団に「永田氏をだまして質問させたとすれば国会へのテロ行為だ」と強調した。

 これに関連し、西澤氏代理人の和久田修弁護士は同日、都内で記者会見し「1民間人を証人喚問するのは妥当なのか」と反発した。メール提供の事実関係については「そう遠くない将来に本人が説明する場を設ける」と繰り返すにとどめた。
国会へのテロ行為、というならそれは永田がやったことだろ馬鹿

この1行に集結されますな(==


※衆院懲罰委員会委員長岩国哲人とは・・・こちら
[PR]
by xell_rainy | 2006-03-29 14:40 | ニュース関係
<< 朝日の社説予想 事実はdocchi >>