続・2幼稚園児殺害事件

「周りの子が悪い」鄭容疑者、娘孤立と思いこむ?(読売新聞)



 滋賀県長浜市で17日、5歳の幼稚園児2人が刺殺された事件で、2人の同級生の母親で中国籍の無職鄭永善=日本名・谷口充恵(みえ)=容疑者(34)(殺人容疑などで逮捕)が県警長浜署の捜査本部の調べに対し、「自分の娘が(幼稚園で)ほかの子どもとなじめないのは、周りにいる子どもが悪い。このままでは娘がだめになってしまう。だから子どもを殺した」と犯行の動機を供述していることがわかった。

 県警の捜査では、鄭容疑者の長女(5)が仲間はずれにされたなどの事実は確認されておらず、県警は、鄭容疑者がこうした思い込みから、近所の保護者が交代で複数の園児を送り迎えする「グループ送迎」で一緒に通う園児らへの憎しみを強めた可能性が高いとみている。

 調べに対し、鄭容疑者は「(送迎の)車内でいつも子どもたちが無言だったので、娘がなじめていないと感じていた」とも供述している。

 調べでは、長女のグループは、刺殺された武友若奈ちゃん(5)と佐野迅ちゃん(5)、さらに同じ「年中組(4歳児)」の男児の計4人。鄭容疑者は他の保護者と交代で園児らを送迎する際、長女と他の園児らが仲良くしているかを気にしていたという。

 鄭容疑者は原則としてグループ送迎となった昨春、市立神照(かみてる)幼稚園側に対し、個別に送り迎えする「個人送迎」の継続を強く要望した。昨年5月から8月まで例外的に個人送迎が認められたが、園側にはその理由を「毎日、自分で送って、幼稚園での娘の様子を見ていたい」と話していた。

 鄭容疑者は2004年春の入園当初から、育児などについて園側に相談していたが、次第に長女が幼稚園でいじめにあっているのではないかと心配する発言が目立つようになった。希望して昨年9月からグループ送迎に参加するようになっても、園長らに「娘は友だちの輪に入っていますか」と度々、問い合わせていた。

 しかし、県警は長女へのいじめなどは確認しておらず、幼稚園の冨永裕子・主幹教諭は18日の記者会見で「容疑者の長女には、友だちがたくさんいた」と述べた。
勝手な思いこみ、妄想だけで取り返しのつかないことをしておきながらこの開き直り
まさにクズですな('-`)

死ねばいいのに
[PR]
by xell_rainy | 2006-02-19 10:17 | ニュース関係
<< いっそ殺せ 新しい戦隊モノ >>