逆転の発想?

プルサーマル しゃにむに進めるな(朝日新聞社説)



 原子力発電所で混合燃料を燃やすプルサーマルが現実味を帯びてきた。

 九州電力の玄海原発がある佐賀県の古川康知事が「安全性では納得できる」と表明した。地元の玄海町も運転を認める見通しだ。これから燃料を製造するので、実際に発電するまでには4~5年かかりそうだ。

 ただし、住民がまだ十分に納得したとはいえない。自治体や九電はきちんと説明し、議論を尽くす必要がある

 同時に、プルサーマルをどこまで進めるべきかについて、ここで改めて考えなければならない

 原発でウランを燃やした後、使用済み燃料からプルトニウムを取り出し、ウランと混ぜて混合酸化物燃料をつくる。それを原発で使うのがプルサーマルだ。

 日本はもともと、プルトニウムを高速増殖炉で使う核燃料サイクルをめざしてきた。ところが、高速増殖炉を実用化するめどが立たない。次善の策として採用されたのがプルサーマルだった。

 関西電力と東京電力は2000年ごろにプルサーマルを始める予定だった。しかし、関電の燃料で検査データの捏造(ねつぞう)が見つかり、東電では原発のトラブル隠しがあって、計画は立ち往生している。

 電力業界がプルサーマルを急ぐのは、英仏に委託した再処理で30トン以上のプルトニウムが出ており、これを使わなければならないからだ。プルトニウムは核兵器の材料にもなるので、いつまでもためておくわけにはいかない。英仏にあるプルトニウムを消費する方法としては、プルサーマルは現実的な選択だろう。

 しかし、日本国内で新しいプルトニウムをつくり出して、大規模なプルサーマルをすることには疑問が残る

 プルトニウムを混ぜることでウランを節約できるといっても、減らせるウラン量は1~2割にすぎない。それなのに、使用済み燃料をそのまま捨てる「直接処分」に比べ、費用は5~8割も高い。経済的に見合わないのだ。

 さらに地元の反対運動などを考えれば、「2010年度までに16~18基の原発で実施」という電力業界の計画はとても無理だろう。「全量再処理」にこだわらず、使用済み燃料をいったん保管して、将来、直接処分も含めて処理方法を選べるようにしておいた方がいい

 玄海原発でプルサーマルを実施するにしても、当面、英仏にたまっているプルトニウムを使うことに限るべきだ

 地元では昨年12月、隣接する佐賀県唐津市で討論会が開かれ、安全性などをめぐり推進派と反対派の主張が対立した

 唐津市は昨年の合併で拡大し、原発防災の重点区域である10キロ圏内に人口の2割の2万7千人が住むようになった。しかし、九電が安全協定を結んでいるのは県と玄海町だけだ。唐津市の住民の意見も反映できる仕組みが必要だ

 住民の不安にこたえるとともに、プルサーマルのあり方を根本から考える。これは新しい計画を始める前提である。
この件に関しては俺は全く無知なんですが
朝日社説の通例ワードがこんだけふんだんに使われてると
『プルマーサルは実施するべき』なんじゃないかと思えてしまうマジック('-`)
[PR]
by xell_rainy | 2006-02-16 15:17 | ニュース関係
<< 中国籍女の殺人報道 日本語を喋れ >>