発破漁を遙かに上回る発想

【中国】「魚、捕ろう」と殺虫剤を川へ、出頭理由に軽い処分(Yahoo!ニュース - サーチナ・中国情報局)



 手間ひまをかけずに魚を捕ろうと、浙江省を流れる甌江に、農民3人が2005年10月に、殺虫剤を大量に投入。汚染のため、沿岸部では十数時間に渡り、断水になった。3人に対する一審の判決が20日に下されたが、最高でも「6カ月の拘留」という軽い処分となった。現代金報が伝えた。

 3人は、05年10月24日に、殺虫剤である「フェンプロパトリン」17瓶分を甌江に投げこんだ。その場で魚60キログラムあまりを捕ることができたという。

 汚染により、沿岸にある龍泉市では、取水を停止。そのため、十数時間に渡り、断水が発生した。おおごとになると良くないと考えた3人は出頭をした

 しかし、死んだ魚はあわせて2トン超で、漁業資源が回復するには、2-3年程度が必要になる見込みだ。

 20日には3人に対する一審判決が下されたが、3人のうち1人が未成年であることや、出頭したことなど情状酌量の余地があるとして、最高でも「6カ月の拘留」との軽い処分となった。

 なお、同省では05年12月にも、農薬が原因と見られる「魚の大量死」事件が発覚している。
どう考えても情状酌量の余地はありません
本当にありがとうございました

まぁしかしとりあえず
中国のこったから汚染死した魚とかも輸出しかねないしその辺気をつけた方がいいかも?('-`)
[PR]
by xell_rainy | 2006-01-29 12:14 | ニュース関係
<< PCが激しく不調 えまーじぇんしー? >>