いずれにせよ勝ち目はない

建物への落書きは「建造物損壊」、最高裁初判断(Yahoo!ニュース - 読売新聞)



 公園のトイレにペンキで「戦争反対」などと落書きしたとして、建造物損壊の罪に問われた東京都杉並区の書店員木下正樹被告(27)に対し、最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長)は、上告を棄却する決定をした。

 決定は17日付。懲役1年2月、執行猶予3年とした1、2審判決が確定する。建物への落書きに建造物損壊罪が成立するとした最高裁の初判断で、同小法廷は「建物の外観や美観を著しく汚損し、原状回復に困難を生じさせたのは、損壊に当たる」と述べた。

 壁を壊すなど建物の機能を損なった場合は明らかに同罪が成立するが、落書きについては明確な司法判断がなく、拘留(30日未満)と科料(1万円未満)の罰則しかない軽犯罪法違反を適用することが多かった。今後は、5年以下の懲役が科される同罪を適用しやすくなり、商店街のシャッターなどへの落書きが社会問題化する中で、抑止効果が期待できそうだ。

 1、2審判決によると、木下被告は2003年4月、杉並区の区立公園内にある公衆トイレの外壁に、赤や黒のスプレー式のペンキを使って、「戦争反対」「反戦」などと大きな文字で落書きした。

 弁護側は、「落書きがあったからトイレを使用できないと思う人はおらず、建物の機能を損なっていないから、建造物損壊罪は成立しない」と無罪を主張していた。
建造物損壊罪が適用される場合→木下有罪アウト
反戦馬鹿や珍走団のこの手のモノがみんなアウトに

器物損壊罪が適用される場合→木下やっぱり有罪アウト
この世論の中で市があえて告訴しないとかなら別ですが( ´_ゝ`)

これまで通り軽犯罪法違反が適用される場合→木下結局有罪アウト

公衆トイレは『器物』ではなく『建造物』であるからして『建造物損壊罪』の適用は正しいと思いますけどね
[PR]
by xell_rainy | 2006-01-20 10:34 | ニュース関係
<< 超長期投票:極東アジアのどこが... 21歳になりました >>