11か月遅れの犯行

「無料ポイントが罠」の架空請求詐欺サイト急増(夕刊フジBLOG)



【裏インターネット事件簿】
 昨年、多くのケータイユーザーを襲った架空請求詐欺で、また新たな手口が生まれた。今回はユーザー心理をたくみに利用した手法。従来のように、訪問した瞬間いきなり登録されてしまう強制的なサイトではなく、実に巧妙なトリックでユーザーの気付かないうちに利用料金を徴収するという手口だ。(2005.02.08掲載)


 被害に遭ったのは、埼玉県に住む大学生のTさん。きっかけは、彼の元に届いた1通の出会い系サイトの広告メールだった。
 「見たところ、普通の出会い系宣伝メールで、無料ポイントがもらえる有料サイトでした」
 もともと出会い系サイトが好きだった彼は、何の疑いも抱かずにサイトに訪問し登録した。「名前、電話番号、メールアドレスなどを登録して入会しました。ところが、そうして得たポイントの数字はなぜかマイナス100ポイントだったのです」。
 このサイトはポイントを購入しないと遊べない有料サイトなので、Tさんはこの時点で利用をあきらめた。すると1週間後に、代金未納の督促メールが届いたのだ。
 「マイナスポイントを0に戻さないと退会できないという内容で、たしかに規約にも同じことが書かれていました」
 しかし、彼はサイトを利用してはいない。なぜ、ポイントがマイナスになったのだろうか。
 「改めて規約を読んだところ、会員登録をするのに200ポイントかかると書かれていました。つまり、利用前からすでにポイントはマイナスだったんです」
 結局、彼はマイナスの補充分1万円に加え、督促手数料3万円の合計4万円を泣く泣く支払ったという。
 今回の手口について、元出会い系サイト運営者のE氏はこう語る。
 「これは、独自のルールでマイナスポイントを発生させる悪質サイトですね。今年に入って、急に増えているようです」
 たしかに最初はボーナスポイントが付加されるが、利用直前までにポイントが減算されるような仕組みになっており、誰が登録しても“マイナスのワナ”にはまってしまうという。
 「最大の特徴は、利用者にとって身に覚えのない請求ではないという点です。つまり、支払ってくれる確率が高いんですよ。確実に高額な代金がとれるので、最近この方法を使うサイトは多いです」。
 E氏によると、不当請求などを行う悪質サイトは現在飽和状態で、収益確保に苦労しているという。そのため、回収スピードが早い「振り込め詐欺」に移行するグループもあるというが、その中で生き残った悪質サイトはさらに悪質さを増し、さまざまな手口を次から次へと考案するのだという。甘い言葉の広告メールにだまされないよう、ご注意いただきたい。
えーと、楽天
[PR]
by xell_rainy | 2006-01-11 22:38 | ニュース関係
<< ブサヨ教師が石原都知事らを訴える バカン崎曰く、「次の首相は靖国... >>