バカン崎曰く、「次の首相は靖国参拝すべきでない」

「次の首相は靖国参拝すべきでない」 公明・神崎代表(朝日新聞)



 公明党の神崎代表は11日、福岡市内で開かれた同党福岡総支部の賀詞交歓会で「次の首相は靖国神社を参拝すべきではない」と述べ、「ポスト小泉」の次期首相は靖国参拝を自粛すべきだとの考えを示した。靖国参拝は、総裁選のひとつの争点になっており、自民党内でも議論が分かれている。連立政権を組み、国政選挙で自民党を支援している公明党のトップとして、改めて「ポスト小泉」に注文を付けた格好だ。

 神崎氏は、小泉首相の靖国参拝によって「中国、韓国との関係がうまくいっていない」との認識を示し、「両国との関係を修復する努力をすることも、次の内閣の大事な責務だ」と指摘した。「歴代の首相は、かつての戦争は侵略行為だ、植民地支配だ、と反省する談話を発表している。靖国神社はA級戦犯が合祀(ごうし)されているのみならず、かつての戦争を称賛している。内閣の方針と違うところに一国の首相が行くことは、矛盾した行為だ」と強調した。

 また、自民・民主の大連立構想については「自公の連立があったからこそ(総選挙での)小泉首相の大勝利があったことを忘れないでいただきたい」と不快感を示した。
馬鹿の妄言はアレですが

もう公明党切っちゃえばいいんじゃないでせうか('-`)
次「政教分離」とかどっかが言ったら「宗教法人創価学会と密接な関係がある公明党は解散すべきだ」とか言って('-`)

存在が違憲ですからなぁ・・・
[PR]
by xell_rainy | 2006-01-11 20:29 | ニュース関係
<< 11か月遅れの犯行 恥と罪の上塗り >>