即座に否定される道新の馬鹿社説

変化の時代の道しるべ*6*いま、脅威論を乗り越えて(1月7日)(北海道新聞社説)



*対話による平和外交こそ

 冷戦時代、日本の仮想敵は旧ソ連だった。ソ連脅威論が叫ばれ、自衛隊も北海道に重点配備された。

 いま、自衛隊は西方重視の体制をとり、中国や北朝鮮をにらむ。

 ある国を脅威とみなすには、戦争や侵略行為をする意図と能力を持っていること、少なくともそう推定されることが前提条件となる。

 二○○五年版の防衛白書は、中国の国防予算の高い伸びや不透明性を指摘している。しかし、それをもって中国に日本を攻める意図があるとはいえない。北朝鮮も同様だろう。

 脅威論が生み出すのは、対抗するための軍事力の肥大化だ。かつて、米ソ間の核兵器競争を招いた「核抑止論」がそれを証明している。

 日本の防衛力増強、日米の軍事一体化を脅威とみて、よろいを固める国だって出てくるだろう。

 ここは踏みとどまって考えてみたい。戦火やまぬ世界にあって、対話による外交こそ、平和憲法を掲げる日本のとるべき道であるはずだ。

 沖縄の仲村さんが十年前の大会で厳しく問うたのは、日本という国の姿勢だった。政府はまだ、納得できる答えを示していないが、めげることはない。

 あのとき青空に響いた仲村さんの言葉を、再び思い起こそう。

 「決してあきらめてはいけないと思います。私たちがここであきらめてしまうことは、次の悲しい出来事を生み出すことになるのですから」
とかぬかしちゃった道新ですが

今日のニュース
中国軍機 民間機装い偵察飛行 東シナ海 自衛隊電波を収集(Yahoo!ニュース - 産経新聞)
 中国空軍が昨年十月以降、数回にわたり、民間機を改造した電子偵察機を東シナ海の日本の防空識別圏に侵入させていたことが七日、分かった。中国はガス田周辺で電波収集を強化しており、民間旅客機を装うことで、自衛隊のレーダー情報をより多く引き出す狙いがある。戦闘機の攻撃には相手のレーダーを無力化することが不可欠。中国の偵察活動はそれに備えて自衛隊の電波を分析するのが目的とみられ、東シナ海は「情報戦」の様相を呈してきている。
 この電子偵察機はロシア製ジェット旅客機「ツポレフ154M」をベースとした「Tu-154MD」で、日本の防空識別圏で確認されたのは初めて。
 同機の侵入に対し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)、機体の底部に電波・電子情報を収集するレーダー装置が取り付けられているのを確認した。
 自衛隊の航空機や艦艇、基地が出すレーダーの周波数などの電子情報収集機能が中心だが、電波交信の内容を傍受する機能も備えている可能性がある。
 Tu-154MDは、要人輸送機などを運用する中国空軍の民航部門所属とされ、現在二機存在するとの情報もある。北京周辺の基地を拠点に、任務ごとに国境周辺に移動しているもようだ。
 東シナ海のガス田周辺では中国空軍の別の電子偵察機「Y8EW」による電波収集も活発で、昨年は防空識別圏への侵入は十回以上にのぼった。上海を拠点にガス田周辺を周回し、九州や沖縄の自衛隊基地のレーダーが出す電波を広範に集めたとみられる。
どう見ても仮想じゃない敵国です。
本当に(ry
[PR]
by xell_rainy | 2006-01-08 15:34 | ニュース関係
<< 『嫌韓流 実践ハンドブック 反... 毎日新聞曰く「電車の運転手には... >>