寒すぎる評価

「アジア最大の資産規模の銀行は東京三菱銀行」(朝鮮日報)
 アジアで資産規模が最も大きい銀行は日本の東京三菱銀行(総資産8654億ドル)であることが分かった




 続いて、三井住友銀行とUFJ、瑞穂銀行など日本系銀行が1位から4位までを席巻した。

 香港の時事週刊誌「亜洲週刊」は13日発表した「アジア300大銀行」を通じて、「最近積極的な構造調整努力を傾けた日本銀行の不良債券規模がここ2年間、半分に減り、収益性が大きく改善されるなど復活している」としながら、このように明らかにした。

 日本系銀行は「アジア300大銀行」のうち、132個を占め、これらの総資産シェアは55.4%に達した。

 韓国は国民銀行が12位にランクされたのをはじめ、ハナ(27位)、新韓(シンハン)銀行(34位)、朝興(チョフン)銀行(36位)、外換(ウェファン)銀行(39位)の5つの銀行が50位入りを果たした。

 しかし、国民銀行の総資産は東京三菱銀行の5分の1に過ぎなかった。
これが中央日報では
国民銀が「アジア銀行10位」に(中央日報)
英経済専門月刊誌「ユーロマネー」は19日、格付け会社のムーディーズが日本を除いたアジアの銀行を評価した結果、国民(ククミン)銀行が10位に入ったと明らかにした。 国民銀は昨年11位だった。

またウリ銀は13位から12位に、農協は17位から15位に、新韓(シンハン)銀は23位から22位に、それぞれ順位が上がった。
こーなってる
全く以て寒いですなぁ
「巨人と阪神を除けばセ・リーグ3位」とか言ってるようなもんで

『日本を除いた評価』で上にきたぜいえーい、とか言うことの寒さに気が付かないんでしょうか(´-`)
[PR]
by xell_rainy | 2005-12-21 13:06 | ニュース関係
<< 無防備地域宣言をめざす大津(に... 本当の敵はおまえだ >>