これが『中国政府』

松花江汚染情報隠しは「善意のうそ」 黒竜江省長が釈明(朝日新聞)
中国東北部の松花江(ソンホワチアン)が工場爆発によって汚染された問題で、
後手に回った情報開示を批判された黒竜江省の張左己省長が27日に釈明し、事実を公表しなかったのは「善意のうそ」だったと語った

新華社電によると、汚染を知らせなかったことについて張省長は「災害に対する人々の心理と、対外的な問題に配慮した」と述べた。
市民のパニックや、投資の減少などを懸念したとみられる。その後は「中央の支持のもと、善意のうそを撤回し、真相を公表した」とした。

中国の地方政府の高官が情報公開の遅れを認め、弁明をすることは異例
チベットを侵略して民族や文化を滅ぼしながら『民族浄化』とか言えるお国柄はやっぱりにじみ出るもんですね
[PR]
by xell_rainy | 2005-12-05 03:41 | ニュース関係
<< 俺の脳のタイプ? とある不正乗車犯の開き直り >>