とある不正乗車犯の開き直り

と、言うわけでヒドイ開きなおりっぷりのクズを発見しました

渡辺淳一オフィシャルブログ堅すぎる車掌さん
先日、北九州市に講演に行った帰り。一旦、小倉から福岡に戻り、そこから飛行機で東京に帰るつもりで新幹線に乗ったのだけど。
 自由席の切符で乗っていたら、たまたま車掌さんが来て、「ここは指定席だから、自由席に移ってください」とのこと。
 「でも、わずか十数分のあいだだから、それくらい見逃してくれてもいいじゃないか」といったけど、「駄目だ」とのこと。
 「それじゃあ」と立上ったら、隣りはグリーン席。そちらのほうがはるかに楽、と思って乗っていたら、先程の車掌がまた来て、「ここはグリーン車」ですと。


 そんなことはわかっているけど、


いまさら自由席に行くのは面倒くさい。
それに広い車輌に乗っているのは二人だけで、あとはガラ空き。
 「もう直ぐ着くから、ここにいても、いいじゃないか」といっても、「駄目だ」の一点張り。
 そこで、「君きみ、これくらいは大目に見るものだよ、本当に融通がきかないね」と説教して立上り、デッキに出たら、途端に福岡に到着。
 この車掌さん、職務に忠実といったらそのとおりだが、過ぎたるはおよばざるがごとし。もう少し時と場所を考えて、自在にやって欲しいものですね。
JR西日本さん。
説教とか 何 様 の つ も り で す か ?

グリーン席や指定席に座るのは自由席に座るのとは別の料金が発生します
それを払わないで座ろうとするのは立派な(いや、全然立派じゃないけど)無賃乗車だと思うんですがどーでしょう


この口ぶりだと常習犯の可能性もありますし、その場合は詐欺として刑事告訴も可能ですよ。
JR西日本さん。
[PR]
by xell_rainy | 2005-12-05 01:10 | 馬鹿
<< これが『中国政府』 劇的ビフォーアフター >>