NHKは偏向無く事実を伝えられるのか

mumurさんのブログで知りましたが
過去何度も記事でとりあげたことのある杉並区の扶桑社教科書採択に関してNHKがドキュメンタリー番組をやるそうで

↓内容紹介byNHKサイト
来春から中学校で使われる教科書の採択が、この夏全国で行われた。
4年前の前回に続いて注目を集めたのが、韓国や中国から「過去の侵略を美化している」と批判されている扶桑社の歴史教科書。
今回は、市区町村では初めて杉並区と栃木県大田原市で採択された。
多数の市民が傍聴に詰めかけるなか採択が行われた杉並区では、
採択を決める教育委員の意見もふたつに割れ、一回の会議で決定せずに、再協議を開くという異例の展開をたどった。
番組では、杉並区の教科書採択の現場を取材。採択制度の現状と課題を見つめる。
まぁ金払ってないし見る気もありませんが
どんな感じかちょっと気になるところではあります

個人的には

戦争賛美だと言う『親の会』←連携→テロ組織『中核派』

これははずしちゃダメだろと思ってますが( ´_ゝ`)
[PR]
by xell_rainy | 2005-09-20 08:07 | ニュース関係
<< 間違い電話にもほどがある 変スイマー >>