勝手にやっとけ、こっちを巻き込まずにな

【コラム】日本政府、ウトロ強制徴用朝鮮人問題に誠意を見せよ(中央日報)

(前略)

2月22日、日本の島根県議会の「竹島の日」条例制定と、その後の日本の歴史教科書歪曲(わいきょく)を見守りながら
大多数の韓国人は日本がまだ日帝植民統治と過去侵略史に対し、まったく反省をしていないという遺憾の念と同時に、
果してこのような隣人と21世紀の北東アジアの平和と繁栄をともに議論することができるのか、疑問を持ったはずだ。

これとともに日本の植民残滓がまだ清算されていない代表的事例の1つが、まさに日帝によって強制徴用された朝鮮人たちの村であるウトロに暮らす朝鮮人の生存権問題だ。

日本国京都府宇治市伊勢田町ウトロ51番地にはまだ65世帯約2百人の在日朝鮮人が住んでいる。
彼らは植民地時代、日本の軍国主義体制の下で軍飛行場建設に動員された朝鮮人労動者とその子孫たちだ。
彼らは日本政府と企業から何の補償も受けることなく、工事現場の臨時宿所に残り、差別と貧困の中、今日まで暮らしてきた。

しかし、彼らにある日、急に不動産業者から撤去通告書と訴状が送りつけられた
この軍飛行場建設を担当した軍需会社の後身である日産車体工機が住民に知らせずに土地6千4百坪を売ってしまったのだ。
日産から土地を買収した不動産業者の提訴に対し、日本の司法部は住民たちに撤去を申し付けた。

彼らがどうしてそこへ来るに至ったのかについては歴史的背景はもちろん、彼らの人間としての居住権、ひいては生存権などまったく考慮されなかった。
約20年の間、ウトロ住民と日本の良心勢力はウトロを守るために奮闘してきたが、日本政府はこの問題を民事上の土地所有権問題と認識し、司法的・行政的介入を嫌った。

日本は日韓基本条約第2条1項の
「両締約国は …両国間および両国民間に請求権の問題が…完全にそして最終的に解決されたことを確認する」
というのを根拠に、韓日関係の過去の清算がすべて終わったという認識を持ち、ウトロ問題に対する責任を回避している。
しかし韓日基本協定は6文書どれも日本が不法植民支配を明確には認めていない、問題が多い売国条約だ

(後略)
へー
内政干渉したり友好都市と縁を切ったりして民度の低さを露呈しまくることを「見守る」って言うのか
新説だなぁ

しかもまた嘘言ってるし
不法占拠した奴らは金or職目当ての密入国者だろ、と( ´_ゝ`)

『条約』に「問題が多いから無視しても良いんだ」的な発言をできるのが馬鹿ン国クオリティ
まともな人間だったらとてもそんなことは言えません


そもそもこのウトロ問題って
『不法占拠した在日』と『その土地を買った不法占拠した在日の中の一人』の争いなんだから

日 本 を 巻 き 込 む な よ( ´_ゝ`)
[PR]
by xell_rainy | 2005-08-16 19:50 | 馬鹿
<< 停滞気味 また改装 >>