そっくりそのまま返せます

講演:漫画家・石坂啓さん「もはや戦時」 危機感訴え--佐賀 /佐賀(Yahoo!ニュース )
 漫画家で「週刊金曜日」編集委員の石坂啓さん(49)の講演「学校に行かなければ死ななかった子どもたち」が31日、佐賀市天神のアバンセであり70人が聴き入った。
子どもたちによりよい教科書を!市民の会」主催。
 中3の息子がいる石坂さんは、彼が20歳になるまでに憲法が「改正」されているだろうと“予言”したうえで日本の危険な針路に言及。
「有事法制など、ここ10年で戦争のできる体制が急速に整備された。
 反戦の声を上げるだけで逮捕される今は、もはや『戦時』と考えていい」との認識を示した。
 さらに、従軍慰安婦南京大虐殺を過小評価したり、なかったものにしようとする勢力の動きを
うそでも100回言えば、そんなものかなと世間では通用してしまう」と教育の恐ろしさを説き、
大人たちが作った枠組みに感受性豊かな子どもたちを押し込めることで生じるゆがみが、学校を息苦しいものにしているのではないかと案じた。


(韓国or中国or在日の)子どもたちの未来にとってよりよい教科書をってことですかねぇ

反戦の声を上げるだけで逮捕なんて聞いたこともないですが・・・
どこぞのあほうが自衛隊員の寮に反戦ビラ配ろうと不法侵入した容疑で逮捕されたことなら
そりゃ違法行為ですからなぁ・・・取り締まらない方が問題

従軍慰安婦→戦後の造語、実証データなし
南京大虐殺→実証データなし、嘘八百
こんなモノを「こんなことがあったんだ!」と数十年言い続けた結果
→世間(お馬鹿市民間)では事実として認識されている

在日&馬鹿三国&売国報道による捏造の恐ろしさがよく分かりますね^-^


政治の道具として利権のため、もしくは売国のために子ども達を利用するからゆがみが生じるんじゃないんですかね
なにしろ『子ども達が将来生活するだろう国の基盤』を「子どものために」とか言いながらぼろぼろに食いつぶしてるんですから・・・
[PR]
by xell_rainy | 2005-08-04 03:48 | 馬鹿
<< あたまのわるいブログ コンビニスイーツその4 >>